2011年5月アーカイブ

古材

kominka006.jpg
小屋組の敷板に使用されていた古材(松板)を洗浄する。
乾燥したのち、広縁他に再利用する。
伝統工法は木組みによって耐力を実現しているため、壁・床・天井に自由に手を入れられるという利点がある。
何年も何年も手を入れながら住み続けられる上に、時には大胆なリフォームも可能にする優れた工法なのだ。

屋根裏の大掃除

kominka005.jpg
屋根裏の大掃除を行なう。さすがに長年堆積した汚れは大変なものだ。
埃を払った後は、貫録十分の小屋組みにしばし見とれる。
せっかくなので屋根裏として隠さず、見せるプランを思案中。

装飾

kominka004.jpg庇を支える持送りに、大工の手による雲形の装飾が見られる。
大工はデザイナーであり、彫刻家でもある。
ちょっとした装飾が住まいに潤いを与えている。

伝統工法

kominka003.jpg金物を用いず、壁に耐力を求めない「木組み」だけで家を建てる伝統工法。
長年にわたり受け継がれてきたこの工法も今では大変めずらしいものとなってしまった。
熟練の技で生み出された構造美を損なわないように再生を行なう。

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04